初めて弁護士に依頼する際に気をつけたいこと

弁護士は法律の専門家です。
あらゆる社会生活上のトラブルに対応してくれます。

離婚問題不倫ご近所トラブルなど身近な事だけでなく、
交通事故遺言相続、会社であれば企業法務なども相談にのってくれます。
しかし日常生活では、ほとんどの方が接点がないために、
初めて弁護士に依頼したいと思った際にも、どのように相談をもちかけたら良いかなどわからない方がほとんどです。

金額も高いので慎重になってしまうのは仕方のない事です。
ただ、まずは勇気を持って、本人が弁護士事務所に相談に訪れる事が重要です。
その際には、必要な書類など参考になりそうなものがあれば全て持参します。

弁護士を選ぶ時には、親身になって相談にのってくれる弁護士を選ぶと安心です。
弁護士が決まったら、相談内容を話します。その際には、正直に全部話す事が重要です。大丈夫です。弁護士は秘密を守る義務を負っています。

これを話したら自分には不利になってしまうのではないかとか、
恥ずかしいから話したくないなど自分の都合の良いところだけ話してしまう方が多くいます。

しかし弁護士は、事実を正確に把握しないと的確なアドバイスをする事ができません。

これは関係ないだろうと思って話さなかった些細な事が、実は重要な事柄だったという事もあります。
プロが重要か重要でないか判断するので、どんな事も隠さずに全て話さなければなりません。人には聞かれたくない事もあると思います。

しかし弁護士には、守秘義務があるから外部にもれることはないし、誰かに知られることもないので安心して話して大丈夫です。
恥ずかしがらずに全て話すことで、的確なアドバイスをもらう事ができ早期に解決をすることが出来ます。

どこの弁護士事務所に依頼するかは、ホームページや口コミなどを見て依頼しようと思っている案件に強い弁護士に依頼すると安心です。

その後話しをしてみて、同じ目線で相談にのってくれて、些細な質問にもわかりやすく答えてくれるところを選ぶのが良いのではないでしょうか。例えばこの弁護士のような法律事務所であれば同じ目線で悩みに共感し、プロとして高い目線で事件を解決してくれるでしょう。
事務所の大きさや弁護士数など見た目に関係なく、誠実だと感じるところを選ぶと失敗は減るでしょう。